ビタミンB群

皆さんこんにちは!

今回は、ビタミンB群について書いていきます!

まず、ビタミンB群って聞いたことありますか?

 

ビタミンB群とは!?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ビタミンB1、B2、ナイアシン、パントテン酸、B6、ビオチン、葉酸、B12の8種類のことを言います!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ビタミンB群は、私たちの生きるためのエネルギーを作るために重要な役割をしてくれているものが多い栄養素です!

代謝ビタミンとも言われ、エネルギーを作りやすく、反応をスムーズにしてくれるように働きます。

ここからは、一つ一つ説明していきます。

 

①ビタミンB1

ビタミンB1は、糖質代謝に関わるため、エネルギーを作り出して疲労回復に働きます。

これが上手くいかないと、イライラやだるさの原因になります。

食品では、豚肉や玄米などがオススメです!

 

②ビタミンB2

ビタミンB2は、脂質の代謝に関わり、脂肪を体に溜め込まないようにするダイエットの味方です!

発育ビタミンとも言われ、細胞の再生と成長を促進する働きがあります!

 

そのため、肌の新陳代謝に関わりがあり、皮膚の健康維持につながります。

他にも、血液をサラサラにする効果もあるため、生活習慣病にも効果があります!

食品では、牛乳 、納豆、ナッツ類などがオススメですね!

 

③ナイアシン

ナイアシンは、ビタミンB3とも言われており、これも代謝に関わります!

ナイアシンは、アルコール代謝にも使われるため、お酒好きな方にはオススメです!

自分のお客様にも勧めています!

食品では、レバー、鶏肉、ピーナッツ、紅茶などがオススメです。

 

④パントテン酸

パントテン酸は、ビタミンB5とも言われています。抗ストレスビタミンとも言われ、イライラ解消に役立ちます!

このビタミンもエネルギーに関わるビタミンです!

食品では、納豆、アボカド、レバーなどがオススメです。

 

⑤ビタミンB6

ビタミンB6は、皮膚炎予防から見つかったビタミンで肌トラブルを解決に導きます!

食品では、マグロ、カツオ、さんまなどの魚類がオススメです!

 

⑥葉酸

葉酸は、ビタミンB9、ビタミンMとも言われています、ほうれん草から見つかったビタミンで、

ビタミンB12と一緒に赤血球を作り出す働きもあります!

 

これは、最近必要性が取り上げられていますが、特に妊娠前からの摂取が必要です。

葉酸は、赤ちゃんの大事なDNAを作り出す働きをします!

ただ、妊娠が気付いた時にはこの大事な時期がもう過ぎている可能性が多いです。

 

不足する事によって、二分脊椎症が起きる可能性に関与していますので、是非!

妊娠を意識した時から摂ることをお勧めします!

食品では、納豆、大豆、緑の葉類がオススメです! サプリでも摂ると良いですよ!

 

⑦ビオチン

ビオチンは、ビタミンB7とも言われ、アトピーなどの薬にも使われています!

コラーゲン生成を助けたり、皮膚や粘膜の健康維持に役立つ働きがあります。

食品では、レバーなどに含まれます。

⑧ビタミンB12

ビタミンB12は、葉酸と一緒に働くことは上で書きましたが、もう1つ!

神経が正しく働くようにコントロールする働きもあります!

 

肩こり、腰痛、しびれ、にも効果があり、認知症予防にもなると言われています。

食品では、しじみ、あさり、ハマグリがオススメです!

 

 

色々オススメの食品書きましたが、バランス的に一番のオススメは、レバーです!

肝臓は栄養素の貯蔵庫なので、栄養がたっぷりです!

 

ただ、1つ注意があります!

葉酸を取る時に、妊婦さんがせっせとレバーを摂るのだけは、注意が必要です!

レバーには、ビタミンAも含まれていますので、妊婦にビタミンAの過剰は危険です!

 

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます!

菊池ジム

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました