高校生や大学生の自己管理の大切さ

皆さんこんにちは

前回の続きを書いていきたいと思います。

 

今回は、前回も書いた通り

自己管理の大切さについてです。

 

まず自己管理の基本

(1)朝食を食べる

欠食すると、エネルギー不足を起こしやすくなります。

特に朝食を食べるように促してください。

年齢が上がるにつれて毎日朝食を食べる子供が減り、特に男子の方が朝食を食べない傾向にあることが分かっています。

アスリートでは、夕食や夜食が多すぎて消化できず朝にお腹が空かない、また早朝練習のため食べる時間がない、などが朝食を食べない理由に挙げられます。

 

朝食に糖質とタンパク質を摂る事は、成長にも競技力の向上にも非常に重要です。

その重要性を親も伝えて朝食を食べる習慣をつけてください!

 

(2)お菓子を補給にしない

成長期のアスリートにとって、エネルギー不足を補える捕食(おやつ)は必須です。

おやつと聞くと、菓子パンやポテトチップスなどを選びがちですが、アスリートにとってのおやつは、『食事の1つ』だと

考えて、糖質、タンパク質、ビタミンミネラルが摂れる食品を選びます。

『お勧めの捕食』→おにぎり(具入り)、フルーツ、蜂蜜

 

次に

食事選びのポイント

食事の基本は一汁三菜!!

アスリートだからと言って、特別な食事が必要なわけではありません。

ご飯とお味噌汁、肉や魚のおかずとサラダに小鉢、ここに

りんごやみかんを足せば、栄養バランスのいいアスリート食になります。

 

果物や蜂蜜、ナッツは、捕食として食べても構いません。

調理の手間がかからない、納豆やもずく、めかぶも一品として考えていいです。

色々な食材を食べて栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

 

最後は、オーバートレーニングと下痢

青年期になって下痢をしやすくなった場合、もしかしたらオーバートレーニングが原因の一つかもしれません。

この時期は練習量が非常に多く、身体が疲れすぎて、消化・吸収をするためのエネルギーが身体に残っていないため

下痢をしてしまいます。

それか、たくさん食べようと意識するあまり、消化・吸収の能力を超えた量を食べていることも原因の一つとして

考えられます。

この場合、練習量や食べる量を見直すことをしてください。

 

30歳後半で落ちた体力を戻したいとなった時、まず食生活を見直します。

この時、青年期に食事の選び方の基礎ができている人は、より早く効果が得られます!!

 

自分も高校生や大学生の食事を見ますが、やはり親やトレーナー、コーチが管理して

自己管理能力を高めてあげるのが一番良いと思います。

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました