蜂蜜の効果と真実

だいぶ久しぶりの投稿になりました。

去年は投稿しようと思いながら全く投稿してない事に気づき、今年の目標の一つに週1ブログを書くことに決めました!

 

その1発目の内容は、免疫力関係にしようと考えていたのですが、

そうなると蜂蜜の話がしたくなり蜂蜜の投稿をしていくことにしました。笑

 

では早速

皆さんは普段から蜂蜜を食べることはありますか?

また、蜂蜜の本当の効能を知っていますか?

蜂蜜=抗菌作用って思ってませんか?

他にも質問したいですがこの辺でやめておきます。

 

まず、蜂蜜の本当の素晴らしい所は、抗菌作用じゃなく

私達のエネルギー代謝への糖質補給源である事です!これが最も重要!!

 

皆さんは、ミツバチが花から集めてくる花蜜などの主成分が何かわかりますか?

 

答えは、ショ糖です。

単糖類じゃなくて、二糖類のショ糖なんです!

 

ミツバチは、花蜜を蜜袋に入れて、そこで酵素反応を起こして吐き出します。

酵素反応を起こすことで、二糖類であるショ糖をバラバラにして単糖類であるブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)に分解し、蜂蜜の状態にして巣に保管しています。

・ショ糖を単糖にする過程を簡単に書くと

①花蜜を蜜袋に入れる

②蜜袋でショ糖の酵素分解を行う

③吐き出して他のミツバチに口移し(20分以上続ける)

(②と③繰り返し)

④単糖に分解されて蜂蜜になる

 

消化分解のプロセスがミツバチによって行われているため、私達が自らエネルギーを使って分解をしなくても

エネルギー源としてすぐ吸収できるようになってるんです。

そのため、即効性があります。

例えば、傷口に塗ればすぐに傷口から吸収して皮膚の再生を促すと言われてます。

 

また、蜂蜜は水とも相性が良く、水を引き込んでそこに留めます。

なので美容の保湿剤として活用でき、同時に肌のターンオーバーや再生を促します。

『単糖の分子構造から、肌に塗ると経皮吸収されるため、細胞内に入ってミトコンドリアの活性を高めます。

ミトコンドリア内でATPというエネルギー生産が増えることで、肌のターンオーバーや再生が促進されるのです。』

 

他にも書きたいのですが、一気に書くと読むのも疲れると思うので、

次回の更新で書いていきます。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました